潜水事業部

不動産営業マンが作ったダイビングショップ

代表取締役の伊藤彰浩は、サラリーマン時代に趣味と実益を兼ねたスキューバダイビングにはまり、指導員資格を取得したのが2009年。以降都市型ショップの非常勤を勤め、20011年に独立しました。

我侭潜水・DIVE110のロゴは、リゾートからの帰りに当時のメンバーとともに作りました。

2つの指導団体のコースを選ぶことができます。

Scuba Schools International

WEBによる学科講習が可能で、デジタル教材が充実しています。

知識+スキル+経験+器材、この4つのキーワードが上達への道とされています。

 

Cmas Jeff

CMASとは、世界各国が加盟する国際機関で、水中活動の国連ともいうべき組織です。世界水中連盟といいます。
JEFFは日本国内におけるCMAS協議会のメンバーで、「CMASの教育を提供する協会」です。

個々のレベルに合わせた指導法を提案しています。

会員になりますとダイビング災害補償制度を設けており、「個人個人で、毎回、その都度、ダイビング出発前に」JEFF事務局へ連絡をしていただくことにより、ダイビングの危険性を再確認していただき、十分な準備をして万全の状態でダイビングを楽しんでいただきたいという目的を持っております。

より多く潜っていただきたいために

10人認定して、10人が継続して潜っていただくためのショップづくり!

これは、ダイビングショップにおける最大の課題です。

せっかくCカードを取得しても、潜らなかったらスキルは落ちてしまいます。何のために高い受講料を支払って認定を受けるのでしょうか?

また、近年ダイバー人口は減少傾向というお話も耳にします。少子高齢化が進み、人口減となっている日本においてはやむを得ないところもありますが、趣味の多様化からではないでしょうか?

となると、他店では著しい価格ダンピングで、信じられないダイビング講習価格を打ち出すところも?ダイビング業界にとっても悪循環となり店舗や現地サービスは閉鎖するところも?

やっぱり継続して潜るためには時間もお金も必要です。ハードルを下げて安価に設定してしまうと、そのあとで必要になる器材のお金、ダイビングフィーがついていかないと思います。

そこで、我侭潜水・DIVE110では、「継続して潜る」ダイバーを応援するべく、3つの料金設定をしております。

一般

Cカードを他店で取得された方をさします。

我侭潜水・DIVE110はメンバー制価格を設定しております。メンバーになるためには年会費・入会金が必要となります。

メンバー

Cカード講習を我侭潜水・DIVE110で受講された方をさします。

器材の購入割引特典があります。

VIPメンバー

我侭潜水・DIVE110は「不動産とダイビング」を会社のKEY WORDとしています。

株式会社リアルアイで不動産取引(売買)をされた方は、VIP会員としてご案内させていただきます。

より楽しく潜っていただくために

せっかくの休日を、楽しく過ごしていただくためには、その時間の使い方も重要視されます。

我侭潜水・DIVE110のダイビングツアーは、オーナー自らが出向いた現地サービスを厳選し、それぞれの長所を引き出すご案内をさせていただいております。

例えば、「沖縄に行きたい!」という人には、沖縄のツアー企画を!

近場でスキルアップをしたい!という人には近場のツアーを企画しています。

食を意識したツアーも随時開催しております。